エリザベート

NO IMAGE

ということで、、、エリザベートの感想 私の人生エリザベートなしでは語れませんというくらい影響大すぎるミュージカルです。宝塚版エリザベートもかれこれ7組目東宝版とあわせたら、、もう数十回?!カウント不能です死が人を愛し人が死を愛することはあるのか。。。テーマ壮大です笑何度も見たくなる理由はどこにあるのか?毎回みながら考えます。現代人をここまで魅了するエリザベートそのものの魅力が凄まじいということですかね。伝統を重んじる時代に結婚をし王妃になっても自由を求め、私は私だけの人生だと歌いきっちゃうあたりがある意味今に通じる最先端の女性だったのだと思います。女性がリスペクトしたくなる女性まぁ本当はどうだったかは知りませんけどとにもかくにもシルヴェスターリーヴァイさんとミヒャエルクンツェさんのすんばらしい楽曲が何度聞いてもたまらないどのシーンも大好きなのですが、、私だけに♫1幕ラストの鏡の間のシーン♫私が踊る時♫この4つが大好きシーンです。似たり寄ったりですが。笑エリザベートというミュージカルは色々な解釈の見方があると思うのですが、、先日いただいたコメントにありましたが、、全てルキーニの妄想 というのもある意味納得しますよね!ストーリーの展開的に。ただのラブストーリーではとりあえずない。楽曲ももちろんですがトートの名ゼリフ息子ルドルフを失い失意のどん底にいるエリザベート続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 桜井奈々オフィシャルブログ「NANA色ゆめ日記」【総合】

総合カテゴリの最新記事