北中城村の荻道集落内に点在する貝塚や井泉等の史跡群☆

北中城村の荻道集落内に点在する貝塚や井泉等の史跡群☆

ハイサぁ~イ⭐

前々回、北中城村の大城集落内に点在する史跡をご紹介させて頂きましたが、今回は、大城集落の西側に隣接する荻道集落内の史跡をご紹介させて頂きたいと思います。
(前々回のブログ記事は、こちらからどうぞ⇒https://oki-night.blogspot.com/2018/11/blog-post-seisen-uganjo-Kitanakagusukuvillage-Oogusuku.html)

沖縄県中頭郡北中城村荻道に点在する

『貝塚や井泉などの史跡』

荻道集落の写真
荻道集落内を走る県道沿いに立つ立派な琉球松の木。

大城集落内の史跡を巡った後、県道146号線を荻道集落向けに進んでいくと、県道沿いに立派な琉球松の木が立っているんですが、その琉球松の下の方に井泉があります。
※荻道集落への行き方は、前々回のブログ記事をご参照下さいませ。

荻道集落の写真
『ヒージャーガー』の前にある広場。東屋も設けられていました。

先程の琉球松の木の手前左側に下の方へと伸びる階段があったので、そちらから下へ下りていくと、綺麗に整備された小さな広場らしき場所に出ます。

荻道集落の写真
広場には古いくみ上げ式のポンプも設置されていました。

その広場の一画に『ヒージャーガー』と称される井泉があります。

『ヒージャーガー』は、広場と県道の間に位置しており、『ヒージャーガー』のすぐ上を道路が走っている形になっていました。

ヒージャーガー(樋川井泉)の写真
ヒージャーガー(樋川井泉)

『ヒージャーガー』の手前右側に説明板が設置されていたので、そちらを読んでみると・・・

≪ヒージャーガー(樋川井泉)≫

≪このカー(井泉)の築造年代は詳らかでない。1965年(昭和40)12月に水道が通水されるまで、大半の家庭が、ここの湧水を飲料水として利用していた。

ヒージャーガー(樋川井泉)の説明板の写真
『ヒージャーガー』の手前右側に設置されていた説明板。

1924年(大正13)改修後は、メーヌカー(前の井泉)に代ってウブガー(産井泉)として新生児のウブミジ(産水)にも利用されたと伝えられている。

旧元日の早朝子どもたちが、カーの水をワカミジ(若水)として汲んできた。この水をヒヌカン(火神)等に供えたりお茶を沸かして仏壇にさしあげて新しい年の家運隆昌と健康を祈った。

戦前は旧正月2日、現在は元日に区の役員有志が水の恵みに感謝してハチウビー(初御水)の祈願をしている。

北中城村≫

・・・とありました。

ヒージャーガー(樋川井泉)の写真
カーの手前には洗い場らしきスペースが設けられており、現在も豊富な水を湛えていました。

説明を読み終え、『ヒージャーガー』を見てみると、カーの手前には洗い場らしきスペースが設けられており、貯水槽から溢れ出た水がそちらに流れ込んでいました。

そして、その水は洗い場らしき場所から側溝を通り、先程の広場の下へと流れてました。

ヒージャーガー(樋川井泉)の写真
貯水槽上部に設けられた樋口から水が勢いよく流れ出ていました。

また、カーの上部に設置された屋根を支える柱には「大正十三年七月改築」と記されていました。

んで、『ヒージャーガー』の後方をチラッと覗き込んでみると、後方の石垣の壁の根元には拝みのための香炉が1基置かれていました。

ヒージャーガー(樋川井泉)の写真
『ヒージャーガー』の後方に設置されていた1基の香炉。

北中城村の史跡map『北中城村の遺跡・文化財(暫定)』によると、大正13年の改修時に、横穴を掘ると、水がよく出るようになったんだそうですよ。

この『ヒージャーガー(樋川井泉)』を見学した後、広場から西向けに伸びる集落内の小道を進んでいきました。

ほいで、1つめの十字路に差し掛かると、その左前方の角に『メーヌカー』と記された標柱が立てられた井泉がありました。

メーヌカーの写真
集落内の十字路角にあった『メーヌカー』。

『メーヌカー』は、道路よりも低くなった場所にあり、三方をフェンスや手摺で囲われていました。

メーヌカーの写真
道路沿いに立てられていた『メーヌカー』の標柱。カーはこの後方の低くなった場所に位置しています。

『メーヌカー』前の道路から直接カーへ下りることは出来ず、どうやらフェンスや手摺の切れ目から回り込んで下りるようです。

メーヌカーの写真
メーヌカー

この日はカーへ下りることはしませんでしたが、道路上から『メーヌカー』を見てみると、貯水槽には転落防止用の金網が設置されており、貯水槽横には水道ポンプらしきものが設置されていました。

また、カーの後方の石垣の壁の根元には1基の香炉が置かれているのが見えましたね。

イーヌカーの写真
集落の道路から『イーヌカー』へと伸びる小道。

『メーヌカー』を見学した後、カーの前の道を県道向けに進んでいき、県道のすぐ手前右側に小さな小道があるんですが、この小道の先にも井泉があります。

こちらは『イーヌカー』と称される井泉で、こちらも先程の『ヒージャーガー(樋川井泉)』と同様に県道から少し低くなった場所に位置しており、県道下に食い込むような形になっています。

イーヌカーの写真
イーヌカー。右側に見える階段は県道に繋がっています。

『イーヌカー』の手前左側に説明板が設置されていたので、そちらを読んでみると・・・

≪イーヌカー(上の井泉)≫

≪イーヌカーは荻道集落の共同井泉の一つでいつごろ築造されたかは詳らかでない。

1965年(昭和40)12月に水道が布設されるまで屋敷内にチンガー(井戸)のない家庭にとって洗濯、野菜洗い、水浴び等生活用水として貴重な井泉であった。

イーヌカーの説明板の写真
『イーヌカー』の手前に設置されていた説明板。

また、住民の情報交換、老幼男女の触れあい、憩いの場としても大きな役割を果たしてきた。

戦前は旧正月2日、現在は元日に区の役員有志が水の恵みに感謝してハチウビー(初御水)の祈願をしている。

北中城村≫

・・・とありました。

説明を読み終えて、『イーヌカー』の貯水槽を見てみると、透き通った綺麗な水が溜まっており、現在も『ヒージャーガー』や『メーヌカー』と同様に、現在も水を湛え続けていました。

イーヌカーの写真
『イーヌカー』の貯水槽。綺麗な水が溜まっていました。

また、カーの後方には拝みのための香炉が1基設置されていましたね。

イーヌカーの写真
『イーヌカー』の後方に置かれていた1基の香炉。

この『イーヌカー』を見学した後は、一旦県道に出て、さらに西向けに進んでいきました。

『イーヌカー』のある場所から県道を西向けに約50mほど進むと、右側に北向けに伸びる小道があります。

荻堂貝塚の写真
県道から北向けに伸びる小道を入ってきたところ。この奥に石碑が建立されています。

その小道を奥まで進んでいくと、一基の立派な石碑が建立されています。

この石碑が建立されている場所一帯と、その後方一帯がそれぞれ『荻道遺跡』・『荻堂貝塚』となっています。

荻堂貝塚の写真
小道の奥に建立されていた『史跡 荻堂貝塚』の石碑。

北中城村の史跡map『北中城村の遺跡・文化財(暫定)』を見てみると、『荻道遺跡』については説明が記されていなかったので詳細は不明ですが、『荻堂貝塚』については記されており、荻道集落の北側の琉球石灰岩丘陵崖下に形成された3000年~3500念前の”貝塚”なんだそうです。

荻堂貝塚の写真
「史跡 荻堂貝塚」と記された石碑の後方に説明板が設置されていました。

石碑に近づいてみると、その後方に古い説明板が設置されているのが見えたので、そちらの前へと行き、説明を読んでみると・・・

史跡 荻堂貝塚 昭和47年5月15日 国指定

≪荻堂貝塚は、標高140メートルの丘陵崖下に立地します。遺跡は屏風のような巨岩の下方東西約50メートル、南北約30メートルほどの小さな平坦地が中心部となっています。

貝層は、もっとも厚いところで厚さ1.2メートルに達し、海水産 淡水産および陸産の貝類、魚骨、じゅごん、いのしし、いぬ等を含む獣骨等とともに、石器、土器、骨製品、貝製品が出土しています。

史跡 荻堂貝塚の説明板の写真
石碑の後方にある説明板。

この貝塚は、大正8年東京帝国大学が発掘調査を実施しており、沖縄諸島における貝塚として、戦前からもっとも著名であったものの一つです。

時期については沖縄諸島の貝塚時代前期に属するものであり、日本本土の縄文文化後期に並行するものです。

沖縄県教育委員会 昭和53年3月31日≫

・・・とありました。

また、先程の北中城村の史跡map『北中城村の遺跡・文化財(暫定)』によると、『荻堂貝塚』は1904年(明治37年)に鳥居龍蔵氏が発見し、その後1919年(大正8年)に松村瞭氏によって発掘調査が行われたんだそうですよ。

そして、その調査の結果、三枚の堆積層から上記の説明にもあった土器、石器、貝殻、イノシシの骨などが発見され、土器は「荻堂式土器」と型式設定されているとのことです。

イリヌカーの写真
閑静な住宅地のど真ん中にある『イリヌカー』。

『荻堂貝塚』の石碑を見学した後、再び県道146号線の南側に広がる荻道集落の住宅地へと移動しました。

県道に出て、またさらに西向けに進み、左側にある最初の脇道を左折し、約55mほど進んでいくと、右側に『イリヌカー』と記された標柱が立てられています。

その標柱の後方の道路より少し低くなった場所に、その『イリヌカー』と称される井泉があります。

イリヌカーの写真
イリヌカー

標柱が立てられている場所の前から西向けに伸びる小道を入っていくと、左側に『イリヌカー』へと下りることの出来る細い階段があります。

その階段を下りて『イリヌカー』の前へ行くと、カーの右側に説明板が設置されていたので、そちらを読んでみることに。。。

≪イリヌカー(西の井泉)≫

≪イリヌカーは荻道集落の共同井泉の一つでいつ頃築造されたかは詳らかでない。1965年(昭和40)12月に水道が布設されるまで屋敷内にチンガー(井戸)のない家庭にとって洗濯、野菜洗い、水浴び等生活用水として貴重な井泉であった。

イリヌカー(西の井泉)の写真
『イリヌカー』の右横に設置されていた説明板。

また、住民の情報交換、老幼男女の触れあい、憩いの場としても大きな役割を果たしてきた。

戦前は旧正月2日、現在は元日に区の役員有志が水の恵みに感謝してハチウビー(初御水)の祈願をしている。

北中城村≫

・・・とありました。

説明を読み終えて、カーに設置されていた転落防止ネット越しに中の様子を伺うと、透き通った水が溜まっており、小さな小魚の姿も見えました。

イリヌカー(西の井泉)の写真
『イリヌカー』の内部の様子。小さな小魚もいましたよぉ~。

この『イリヌカー』まで見学させて頂いた後は、大城集落内に停めてあったクルマへと戻り、この日最後に荻道集落の北側に位置する傾斜地へと移動しました。

タチガーの写真
荻堂集落北側の傾斜地にある『タチガー』。

荻堂集落から県道146号線を西向けに進み、最初の信号を右折して、約530mほどの距離左側にある脇道へ左折します。

タチガーの写真
反対側から見た『タチガー』の貯水タンク。

そして、また左側にある最初の脇道へ入り、約85mほど進んでいくと、道路沿い左側に古い方形の貯水タンクがあるんですが、その後方にある傾斜地の中腹に『タチガー』と称される井泉があります。

タチガーの写真
貯水タンク後方の傾斜地にある『タチガー』。

近くの空きスペースにクルマを停めさせてもらい、さっそく見学へ向かうと、『タチガー』は貯水タンクの後方に位置しており、そこへ向かう道は貯水タンク横の細道だと思われるんですが、この日は雨が降ったり止んだりとぐずついた天気で、傾斜地からその細道を通って水が勢いよく流れていたんですよ。。。

タチガーの写真
『タチガー』の前に立てられていた標柱。

なので、『タチガー』に近づくのは困難だったため、今回は遠くから見学することにしました。

『タチガー』を直接見学することは出来ませんでしたが、その細道の入口一帯は小さな池やお地蔵さん等が設けられており、そのお地蔵さんの横に小さな説明板が設置されていました。

タチガーの写真
貯水タンク横の『タチガー』へと続く細道の入口。奥の方から水が勢いよく流れ出ていました。

その説明を読んでみると・・・

≪タチガーのお地蔵さま≫

≪平成の名水百選のひとつ、タチガーの清らかな湧き水が未来永劫に残ることを願って祠地蔵尊を建立しました。

すべての命の根源である水に感謝し、節度・分別をもって、大切にしましょう。(合掌)

平成二十六年 睦月 吉日 おきなわ環境塾≫

・・・とありました。

タチガーの祠地蔵尊の写真
『タチガー』の細道入口に建立されていた『祠地蔵尊』。
祠地蔵尊の説明板の写真
祠地蔵尊の横に設置されていた説明板。

雨が降っためなのか、あるいは元からなのかは分かりませんが、流れてくる水の量がかなり多かったですねぇ。。。

水量がかなり多いためにこの隣にある貯水槽が造られたのでしょうね。

タチガーの写真
祠地蔵尊の前に設けられていた小さな溜池。

祠地蔵尊の前に小さな溜池も造られてはいたんですが、そこからも水が溢れてしまい、側溝へと流れ出てしまっていました。

こんだけ大量の水が湧き出ているとなると、その水源である『タチガー』を間近で見てみたかったんですけど、この日は、辺りもだいぶ暗くなってきていたため、クルマへと乗り込み、そのまま帰路に就きました。

いかがでしたでしょうか?

今回と、前々回に分けて、荻道・大城の両集落内に点在する史跡をご紹介させて頂きましたが、両集落内には井泉や拝所などの史跡の他に、歌碑やシーサー、オブジェなどもあちらこちらに設置・展示されており、見どころ満載なので、もし興味がある方はぜひ足を運んで、散歩を兼ねていろいろ見学されてみてくださいね。。

それでは、そろそろこの辺で・・・でわでわ☆★☆

最後まで読んで下さいまして、誠にありがとうございますm(_ _)m
宜しければブログランキングへ 御協力お願い致します。
ブログランキング・にほんブログ村へ  

『北中城村の荻道集落に点在する史跡群


☆場所:〒901ー2315
      沖縄県中頭郡北中城村荻道

☆見 学:無料

☆駐車場:無し

※訪れる際は、くれぐれもマナーを守って、他の来訪者や地元の方々に迷惑をかけないよう、十分気を付けてくださいね。
Source: 沖縄放浪日記【沖縄】

沖縄カテゴリの最新記事