麺や 福はら @その2 (ラーメン:今里) 閉店間際で、かくもキレイな美味さのスープに

麺や 福はら @その2 (ラーメン:今里) 閉店間際で、かくもキレイな美味さのスープに

どうも、カール・ヒルティです。
多すぎる休息は、少なすぎる休息と同じく疲労させる。

地鶏焼肉を堪能した後、身体がどうしても締めを求める。
ラーメンを喰いたいと訴えてくる。

今里なら、あの店があるが、どうせ無理だろう。

ip1808-IMG_4889.jpg 
ダメ元で訪れてみると並びは3人、出ようとしている客も居る。
少々大げさだが、諦めない心って大切だ。

だが、スタッフが出てきて「スープの残量を確認しますので、
食券をお買いになるのは少々お待ちください」と告げる。

しばらくすると「醤油2・塩2」の残数が提示された。
我々2人は共に醤油の予定だったので、この日最後の2杯だ。

ip1808-IMG_4890.jpg 
注文は、チャーシュー芳醇鶏そば。
以前は1,080円だったが、少々値上げして1,200円。

カドヤ食堂の1,900円に比べれば安いものの、
ラーメン1杯の値段としては高額だ。

されど、シンプルかつ強い美意識を感じるルックスと、
立ち上る香りが食べる前から「美味いぞ」と語りかけてくる。

ip1808-IMG_4895.jpg 
「芳醇」とは香り高く、味が良いことを表わす言葉。

まさに芳醇、芳醇としか言いようがない。

鶏の旨味を精製して凝縮させたような味わい。
旨味が濃いのだが、雑味など余計なものを徹底的に削ぎ落とし、
キレイな旨味だけを集めたように思えるスープがとにかく美味い。

そして、醤油の芳しい香りも素晴らしい。
醤油ダレもキリッと効いているが、尖らせず、味の丸みは保ち続ける。

塩を食べた時は、いささか鶏油が多いと感じたが、
醤油はそれをも包み込むため、ベストバランス。

飲み進めるごとに広がる旨味の世界がたまらない。

ip1808-IMG_4899.jpg 
麺はエッジ鋭く、パツッと歯切れ良く、サクサクとした食感。

少々「粉感」を感じるというか、チープな感じがどこかにある。
それがまた計算だろうなと思うほど、スープとの相性が良い。

我々2人のラーメンを作るために寸胴の底までスープをかっさらっていたので、
煮詰まったスープのネガティブな要素を懸念したが、
まったくそんなことはなく、キレイな味を保ち続けている。

ip1808-IMG_4893.jpg 
鶏チャーシューは、しっとりと仕上げており、薄味。

塩の時は「まあまあ」としか思えなかったが、
醤油のスープと絡まると俄然美味くなる。

ip1808-IMG_4894.jpg 
豚のレアチャーシューは、変わらず美味い。

レアチャ独特の赤身グニャリ、脂身ネチョリのネガティブ要素は微塵も無く、
厚めに切られたチャーシューを噛み締めると豚肉の旨味をただただ堪能できる。

いやあ、美味え。

【訪問時期:2018年8月前半】

※この後、味が変わったと常連のNさんより聞き、
 再訪する気持ちが大きく萎えてしまった・・・。

————————————————– 

↓ブログランキングバナー、よければポチッと押してください↓ 


食べ歩きランキング

食べログ グルメブログランキング

にほんブログ村 グルメブログ 関西食べ歩きへ  

【過去記事】
その1 ・・・ たしかな技術を感じる東京超人気店出身の一杯

麺や福はら
https://tabelog.com/badge/google_badge?escape=false&rcd=27099659

関連ランキング:ラーメン | 今里駅(近鉄)小路駅(大阪メトロ)新深江駅

rakuten_design=”slide”;rakuten_affiliateId=”07ace644.1828e70e.0b1966a1.150ed98e”;rakuten_items=”ctsmatch”;rakuten_genreId=”0″;rakuten_size=”600×200″;rakuten_target=”_blank”;rakuten_theme=”gray”;rakuten_border=”off”;rakuten_auto_mode=”on”;rakuten_genre_title=”off”;rakuten_recommend=”on”;rakuten_ts=”1524266413772″;https://xml.affiliate.rakuten.co.jp/widget/js/rakuten_widget.js
Source: 大阪食べ歩きガイド・マシュラン【近畿】

近畿カテゴリの最新記事