市役所前駅から5分、キッチンリベールの予約NGな金曜ランチ その理由は「サラダ&スープ食べ放題」にあった!?

市役所前駅から5分、キッチンリベールの予約NGな金曜ランチ その理由は「サラダ&スープ食べ放題」にあった!?

少し前に、私の実家近くで見つけ、即時訪問を果たしたキッチンリベール

 

京成の新千葉駅から徒歩7~8分

千葉都市モノレール市役所前駅から、国道を挟んだ反対側、登戸1丁目にお店を構える洋食店となるのですが

https://barconcertvienne.com/yousyoku/13314/

上記の記事でも触れている通り、こちらのお店では曜日毎に異なるコンセプトの食べ放題やサービスが提供されているとのこと

 

前回訪問したのは火曜日であったことから、カウンターに置かれたカレーの香りにつられ、カレー食べ放題を選択

結果として、これはこれで満足を得るものとなったのですが、それ以上に気になったのがレギュラーメニューの存在

 

カレーを丁寧に作るお店に、悪いお店は無い

と、どこかで聞いたことが微塵も無い格言を掲げながら、レギュラーメニューを味わうべく

前回訪問から日が浅いものの、再びキッチンリベールを訪れてみました。

登戸一丁目のキッチンリベール 金曜日はサラダ&スープ食べ放題も予約はNG??

という訳で、前回訪問から舌の根も乾かぬうちに再訪となった、キッチンリベール

ちなみにこの日は金曜日・・・ということで、

サラダ&スープが食べ放題とのこと

 

ちなみに、火曜はカレー、木曜はピザが食べ放題

それに比べて、金曜はサラダか・・・と、ちょっと不服に感じながらも、レギュラーメニューに期待を寄せてお店の方へ

 

この日は、開店直後となる11:30に店内へ

先日の訪問時には、テーブルの各所に「予約席」の札が置かれていたのですが、この日は予約が無し

 

年の瀬も迫っている時期なので、皆さん外食は控えているのかしら?

などと想像を膨らませながら、人様の心配はさておき、まずはメニューへ

前回訪問時に、ウチのカミさんが食べていた「大人のお子様ランチ」しかり

隣に居たお客さんの食べていたオムライス、そのどちらも目で見て「美味しい」が伝わってきただけに、ぜひ頂きたい品

 

しかし、その上にあるステーキ

そしてリベールハーフ&ハーフ(ポークジンジャー&鶏の唐揚げ)については、未だその姿を見たことない品だけに、この目で凝視し、その有様を確認したいところ

 

ここは、気になるおかずを2品同時に成敗できる、ハーフ&ハーフをオーダーする事に

※ ちなみに、この日一緒に居たカミさんはオムライスをオーダー

 

注文を終えたところで、本日はサラダ&スープ食べ放題とのこと

カウンターにある品は、全てご自由にお取り下さいとの事で、後ろを振り返りカウンターへと向かうと・・・

 

・・・・!?

 

サラダ、どこ??

 

落ち着いて深呼吸し、しっかり目を見開き、再度確認

 

・・・サラダ、どこ??

 

というか、なにこの盛大なパーティー仕様は

この店は、これを「サラダ」と呼ぶのか?

サラダの定義、どこへ行った!?

 

ものスッゴい盛大な「サラダ」と言う名のお惣菜バーに呆気にとられましたが、もうひと品の食べ放題

スープの方も、この通り具沢山

ひとまず、全品抑えに掛かりますかw

これのどこがサラダ!? 豪華すぎる食べ放題のお惣菜と共に頂くハーフ&ハーフランチ

という訳で、盛大なお惣菜バーを一通り盛り付けた、食べ放題メニューがこちら

もうね、とにかく凄い(笑)

 

確かに「サラダ」を呼称するだけあって、どの品にも野菜がてんこ盛りで使用

しかも、何が素晴らしいかって、この野菜達、そのまま使わず

ミニトマトを湯むきしていたり、ブロッコリーを一度茹でてから炒めたりと、手の込んだ下ごしらえをされている素材ばかりなのです

 

そこに加えて、パクチーがしっかり香るフォーや、オリーブオイルが強めなピザまであったり

盛り付けるお皿こそ小さいですが、これを3~4往復していれば、それだけでも大満足できる、そんなサラダ食べ放題となるのです。

 

もうひと品の食べ放題であるスープですが、こちらはタップリの生姜を使用

ジンジャエールか?と見間違えるほどに生姜の甘みと辛味が溢れており、冬場にはもってこいのスープ

ベーコンにキャベツも具沢山にも程がある、と思わず口から出てしまうほどのてんこ盛りで、スープと言わずおかずにもなりそうな豪華さ。

 

これらに大満足しながら、ふと壁に貼られたPOPを確認すると

「金曜日のランチは、予約の受付が出来ません

 先着順でのご案内となります」

との一文を発見

 

なるほど、この日のランチに予約の札がなかったのはそういう事か

そして、金曜のランチに関してのみ、予約を受けられない理由も、あのサラダバーを名乗るお惣菜の豊富さを見て、更に納得。

 

豪華すぎるサラダ食べ放題(既に2周目)に舌鼓しながら、待つこと数分

こちらが、本日のメインとなる

「リベールハーフ&ハーフランチ」となります。

 

彩り豊か&素材豊富カツ、手の込んだ下ごしらえまでされているサラダと言う名のお惣菜を前に、圧倒された直後

とあって、一見すると地味にも見えてしまうハーフ&ハーフランチ

 

しかし、こちらのお店は頂く料理のそこかしこに、繊細な手間暇が掛けられているのも特徴の1つ

まずはポークジンジャーから頂いてみましょう

タップリの生姜がお肉にもタレからも感じられる、しっかりした味付け

お肉自体も柔らかさを残しており、固くならない、程良い加減で焼かれています

 

脂の甘さも感じられ、肉質の良さが伝わってくるのですが、何よりも秀でているのは生姜の風味

先ほど食べていたお惣菜の各品もそうですが、パクチーであったりオリーブオイルであったり、この生姜であったり

と、主軸となる調味料や薬味を、しっかり際立たせた味付けが、ここキッチンリベールの特徴と言えます。

 

続いての唐揚げですが、

見た目からは、ちょっと揚げすぎ?にも思える色合いながら、これもまた素晴らしい仕上がりで

下味にはこれまた、タップリの生姜が使われており、食べた瞬間から体が温まりそうな程

 

そして鶏肉は、この見かけからは予想も付かないほど、とにかく柔らかい!!

噛みしめる度にジューシーな肉汁が溢れだし、その一滴からも旨味を感じさせてくれます

丁寧な下ごしらえ、味付けが随所に見え隠れする、実に手の込んだ唐揚げ&ポークジンジャーとなります。

 

ちなみに、カミさんが注文したオムライスがこちら

卵は、ふわとろの近代タイプと、しっかり焼の旧来タイプの2種から選択が可能となっており、こちらは近代タイプのふわとろ仕上げ

 

たっぷり掛かったトマトソ-スは恐らく自家製ですが、これまた他の品同様に、特徴である甘みと酸味が際立った仕上がりとなります

ご飯はチキンライスになっていて、たっぷりのそぼろが投入

トロっと柔らかい卵からは甘みも感じられ、ご飯、卵、ソースの3重奏がしっかりとしたハーモニーを奏でております

 

ひとしきりのご飯を頂いた所で、三度目のサラダ食べ放題へ

最後に入手してきたのがこちら、

 

サラダバーだと語ってるのに、まさかのスイーツ(笑)

 

ホロっとビターなチョコレートに、揚げたて砂糖たっぷりのドーナツ

更にはドリンクも飲み放題(こちらは+150円で別料金ですが)も付き、食後の小休止を迎えるものとなりました。

 

ご覧頂いた通り、とにかく豪華な食材が並ぶ、サラダ食べ放題(笑)

しかも、当初撮影した時点では7品となっていましたが、その後にも続々と新たなお惣菜が追加されており、私が確認した時点では全9品

時間の経過によって、恐らく新たな食材も追加されるものと推測されるので、10品以上のお惣菜やスイーツ、そしてスープが、食べ放題となる模様です。

 

これらのお惣菜食べ放題が、追加料金ではなく、ランチに含まれての価格

そりゃ金曜日に限っては、予約受付をNGとしているのも納得のいくお話です

 

前回のカレー食べ放題(火曜日)に続き、サラダ食べ放題にも大満足

次に狙うは、木曜日のピザ食べ放題ですかね

それに引き換え、なんにもサービスの付かない月曜&土曜、ちょっと寂しいなあ(笑)

 

■■ ブログランキングへの登録、始めました ■■

今回紹介したお店の情報がお役に立てましたら、

こちらの「ブログランキング」をクリック頂けますと嬉しいです。

頂いたクリックを励みに、新しいお店探索に邁進させて頂きます☆

 

kitchen LIBEL

■ キッチンリベール

■ 住所:千葉県千葉市中央区登戸1-23-1 二藤ビル 1F

■ 営業時間:[月・火]11:30~14:30

[水~土・祝前日]11:30~14:30 / 17:30~21:00

■ 定休日:日・祝日

Source: 孤高の千葉グルメ【関東】

関東カテゴリの最新記事