【映画研究同好会】「ボヘミアン・ラプソディ」(ラミ・マレック主演、ブライアン・シンガー監督)

NO IMAGE

 伝説のロックバンド「QUEEN」を描いた一本 観了。

 クイーンの楽曲に惹かれて観賞したが、曲を楽しめて間違いなくオススメ。

 「We Will Rock You」や「We Are the Champions 」などのよく知られる曲のほか、クイーンの楽曲が流れ続け、とかくノリノリになる。曲を楽しむだけでも充分モトが取れると思う。伝記の体でバンド結成などクイーンとフレディ・マーキュリーのヒストリーだが、ストーリーにするにあたってやはり脚色しているようだ。しかし楽曲が「(事実と違う部分は)気にしないで曲を楽しもうぜ!!」と蹴散らしてくれる(笑)。そのくらいライブ感がある。
 最後の「ライヴ・エイド」のシーンは熱気が伝わってきて感動してくる。後から実際のライブ映像を確認したらドリンクのカップなど、細部にわたって再現しているのだ。逆に観賞する前にライブ映像を見たほうが鳥肌が立つかもしれない。それくらい「ライヴ・エイド」のシーンはこの映画の大トロ、一番味わいたい部位だった。
 映画公開後はクイーンのCDの売り上げが上がったという。それは当然なはずで、ライヴに行った人が終演してCDを買い求める行動と同じだと思う。編集記者もサウンドトラック買いました(笑)。それくらい推したい!!

 クイーンの楽曲、とくにライヴ・エイドのシーンを観るべし、聴くべし!!

 感謝
 合掌

Source: みちのく、行ったり来たり【東北】

東北カテゴリの最新記事