玉野の老舗菓子店「なかや宗義」の紫いもクッキー

NO IMAGE

御菓子司 なかや宗義

玉野市にある洋菓子と和菓子のお店「なかや宗義(むねよし)」さんの手焼きクッキーを手土産でいただきました。

本店は宇野にあるようなのですが、長尾にある荘内店は県道427号線沿いということもあり何度か前を通ったことがあります。

玉野市では番田地区周辺で紫芋の栽培がさかんだそうで、今回いただいた紫いもクッキーにも地元農家さんが栽培した紫芋を使用しています。

パッケージ表面の「宝」という漢字が書かれたシールは「お宝たまの印」。玉野市の地元食材を使っている認定シールなんだそうです。

なかや宗義の紫いもクッキー

クッキーは細長い楕円系をしていて、だいたい小指ぐらいの大きさ。

食べるとサクッと軽い食感で、サツマイモの風味をしっかりと感じる素朴な味わい。

紫いもの甘さが引き立って、どんどん手が伸びるおいしさです。

なかや宗義の紫いもクッキー

玉野市の紫いもを使ったお菓子は、この他にもパウンドケーキやスイートポテト、紫芋パイ、焼酎等が販売されているそうです。

お菓子は知っていましたが、お酒まで作っているとは……!

「玉野市の特産品といえば○○」といった具体的なお土産のイメージがあまりなかったので、今度からはこの「お宝たまの印」マークを参考に探してみるのもありかもしれません。

店舗情報

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

Source: 岡山ごはん【中国】

中国カテゴリの最新記事