一気に前進♪

NO IMAGE

これ、見てくださいよ~ 器の断捨離をしているわけではありません。 今日の料理を入れる器なんです。 今まではこれに大変お世話になりました。 レンチンするだけで器もいらない。 あとこれも。 落合シェフのパスタソースにもお世話になっていました。落合シェフ、ありがとうございます。1週間連続で食べても飽きませんでした。 でもこの前やっと自分の為に簡単ですが、鍋焼きうどんを作れるようになりました。作れるようにというか作ろうという気持ちになれたんです。 この時もいっぱいコメントをいただいて、自分の事のように喜んでくれて本当に嬉しかったです。 初めて作った自分の為の料理↓ ちょうど1週間ほど前の事だったと思いますが、みなさんのおかげで、さらに「やれば出来るっ」モードに入り、ローストビーフを作りました。 スーパーで冷凍出来る保存容器もたくさん買いました。 そして私と主人の大好物の土手焼きをいっぱい作って小分けにして冷凍しました。 大阪名物どて焼き(牛すじの煮込み) by FarmersK↑レシピはこちらです。 ごぼうのしぐれにも作りました。 【農家のレシピ】牛肉とゴボウのしぐれ煮 by FarmersK 冷凍保存袋に入れて空気を抜き、薄くのばしておけば、使いたい分だけ、ぱきっと割って使えます。 なめたけも作りました。 【農家のレシピ】自家製☆なめたけ by FarmersK 大根おろしは胃にいいので、たっぷりかけて食べようと思います。 そしてポテトサラダも作りました。 【農家のレシピ】我が家のポテトサラダ by FarmersK 食欲がない時でもこれなら食べられる そんな感じで昨日は超・料理モードに入りました。このスイッチを押してくれたのは、ブログを読んでくださっている皆さん、そして主人と私の共通の知人。一緒の会社で働いていた時の人です。 今日、家に来てくれるんです。はるばる遠くから。 2人の共通の友達だから、私の料理でおもてなしをしたい。市販品じゃなくて心を込めて作りたい。出来るはずっ そう思ってメニューを考え(結局100%主人の大好物ばかりになった)、今朝は最後の仕上げをします。 一番最初の器の写真は、どの器にどの料理を入れるかがわかるようにしてます。こうしておくと、せっかく作ったのに出し忘れる事もなく、器選びで悩むこともないから。これは本の撮影の時に編集&コーディネーターの坂本さんがされていたのを見て学んだことなんです。 複数のおかずを作ることが出来ました。色んなきっかけ、支えが続きをみる

『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

Source: 「Farmers KEIKO 農家の台所」【総合】

総合カテゴリの最新記事